衣装の種類から探す

お宮参り

赤ちゃんが初めて神様にごあいさつする行事です。氏神様にお参りし、健やかな成長を祈願する祝詞を上げてもらいましょう。お参りの後は、家族写真をぜひ撮っておきましょう。

赤ちゃん お宮参り用の着物・うぶぎ(初着)
ママやお祖母様 色留袖や訪問着付下、ワンピース
パパやお祖父様 ダークスーツや和服

七五三

三歳・五歳・七歳と、それぞれの年齢まで健やかに育ったことを「大人の装い」で祝う華やかな儀式。そこには衛生的・医学的な環境が厳しかった時代から、「よくぞ○歳まで育ってくれた」と神様や周囲に感謝する親心が伝えられています。

旧暦の11月15日は「鬼が出歩かない日」とされており、小さな子供を連れてお詣りに出掛けても安全とされていました。最近では10月中旬頃から11月末ぐらいの都合の良い日にお詣りする方が多いようです。写真撮影もお詣り当日ではなく、別日程で行う方も増えています。

男子(三歳と五歳) 羽織袴
女子(三歳) 被布
女子(七歳) 着物
ママ 訪問着、おしゃれ着物
パパ ダークスーツや和服

十三詣り

4月13日(旧暦3月31日)に、数え年で13歳の男女が、虚空蔵菩薩にお詣りして知恵を授かるという行事です。京都をはじめとする関西地方で盛んに行われていた行事ですが、最近では全国的に行われるようになりました。

女子(13歳) 十三詣り用着物
(大人の寸法の着物を肩上げしたもの)

卒園・入学式

こどもの成長を祝うと共に、お世話になった先生方にご挨拶をする日。きちんとした格好で臨みたいものです。学校によって多少違いがあるので、お母様方が例年どのような服装で参加しているのかなど、事前の情報収集をおすすめします。

子供さん チャイルドフォーマル 卒園・入学式にぴったりな女の子のワンピースやかっこいいスーツもご用意しています。エナメルの靴もありますのでご一緒にどうぞ。
ママ ブラックフォーマル
訪問着付下、無地
卒園式は黒いワンピースやスーツにコサージュ、入学式には明るい色のスーツが主流です。着物なら色無地に袋帯を合わせるなど「格」にも気を付けましょう。また春先は冷えるので、膝掛けなども持って行くと良いでしょう。

演奏会・発表会

ピアノの演奏会や発表会などの晴れ舞台。かわいく着飾りたいのはもちろんですが、演奏や発表を邪魔しない動きやすいデザインも重要なポイント。試着してみて丈の長さや着心地を確認しておきましょう。当日が待ち遠しくなる、かわいいドレスを選んでください。

子供さん チャイルドフォーマル すっきりしたデザインでサテンやシャンタンの上質なドレスがおすすめです。男子にはベストと半ズボン&蝶ネクタイはいかがですか?160㎝のドレスまでご用意していますので中学~高校まで対応できます。
大人の演奏会・発表会 フォーマルドレス 結婚式などのドレスとは違ったフルレングスのエレガントなドレスもあります。照明にキラキラと光る大振りなアクセサリーや、ショールやボレロなど、コーディネートを楽しんでみてください。

成人式

二十歳の成人を祝う日。式典への出席だけでなく、久しぶりに地元の友だちと会えたり、記念写真を撮ったりと忙しいけど楽しい一日。女性の中振袖は呉服屋さんで購入する場合と、レンタルを利用する場合がありますが、どちらにしても早めの準備が必要です。美容室の予約も混み合いますので成人式の日時が決まった時点で手配することをおすすめします。記念写真も式典の前後で写真館へ行って撮影する場合と、別日に撮影する場合があります。いわゆる「お見合い写真」のようなものだけでなく、カット数の多いアルバムタイプも人気があります。

女性 中振袖 古典柄のものからモダンで個性的な柄のものまで、その色柄は様々です。衣裳店に行くと羽織らせてくれるので、顔映りや好みの色柄を選びましょう。帯や帯揚げ帯締めなどの小物によってもイメージが変わりますので、コーディネートも楽しめます。先に「上品で清楚なカンジ」などのイメージをお店の人に伝えて、おまかせでコーディネートしてもらうこともできます。
男性 男性用はかま
スーツ
男性はスーツで出席する方が多いですが、最近ではカラフルな紋付はかまがたくさんあり、友人グループで揃えて着るケースが増えてきました。ほぼレンタルなので、成人式の日程が決まったら早めに予約しに行くのがおすすめです。また着物なので美容室の予約も必要ですね。

卒業式

大学や専門学校の卒業式には、女性は袴を着用するのが一般的になっていますが、もともと女学校の学生が袴姿で通っていたことが、女性の社会進出の象徴として定着したからだと言われています。なので、小中高の卒業式でも女性の先生は袴を着用しています。大学側が「袴を着なさい」と指定しているわけではなく(一部服装に指定の大学もある)、スーツや振袖でも構わないのですが、「卒業式にしか着れない衣裳」ということで、袴を着る方が多いようです。レンタルでも成人式の振袖ほど高くないので、友だち同士で楽しく衣裳選びをしてください。(レンタルだとGW月頃から予約がスタートします)

女性 卒業式はかま
中振袖
一般的に袴には袖の振りが短い二尺袖を合わせますが、成人式に作った振袖を着られる方、その振袖に袴を合わせる方もいらっしゃいます。袴の場合、なんといっても楽しいのが着物と袴のコーディネートです。模様や刺繍が入っているもの、グラデーションになっているものなど様々です。手にはバッグではなく巾着、足下は草履だけでなくブーツもOKです。衣裳だけでなく着付けやヘアセット、写真撮影までパックになった便利でお手頃価格のプランもあります。
男性 スーツ、
男性用はかま
成人式ほど、男性のはかま率は高くありませんが、卒業式の場合は男女ペアでご用意されるケースがあります。アイテムの色柄を合わせるなどペアコーディネートも楽しめます。
先生 卒業式はかま 学生よりも落ち着いた上品なものをお選びください。先生の場合はブーツはNGで、白足袋に草履を合わせてください。当日は忙しく動き回ることが多いかと思いますので、袴の丈は気持ち短めにしましょう。

謝恩会・追いコン

謝恩会は卒業生がお世話になった先生方に謝意を伝えるために開く会。追いコンは在校生が卒業生のために開くもの。場所や規模にも寄りますが、立食ビュッフェなどの場合はセミフォーマルな服装で・・・という場合が多いようです。2月や3月なのでまだまだ寒い時期なので、上着やはおる物など、寒さ対策はしっかりしておきましょう。

女性 フォーマルドレス
おしゃれ着物
結婚式ほどマナーも厳しくないので、時間や場所に合わせて自由におしゃれを楽しみましょう。ドレスだけでなくおしゃれ着物もおすすめです。
男性 花婿用二次会スーツ 男性も普段と違うおしゃれを楽しみたいならダークスーツではなく、セミフォーマルなおしゃれスーツはいかがでしょう。シャツやチーフをカラーにするだけでも個性が生かせます。

結納

正式な結納は自宅で行いますが、最近は結納品や目録、進行なども取り仕切ってくれる結納プランがある場所で行うケースが増えています。その場合の衣裳は準礼装や略礼装が一般的です。いずれにせよ、ご両家の服装の「格」を揃えることが大切です。あらかじめご両家で話し合っておきましょう。

女性本人 中振袖訪問着
ワンピース
和装なら中振袖か訪問着、洋装なら明るい色目のワンピースやアンサンブルスーツにしましょう。
男性本人、お父様 礼服
ダークスーツ
黒の礼服やダークスーツ。シャツは白で、ネクタイはシルバーか縞のものにしましょう。
お母様 色留袖、訪問着
アンサンブルスーツ
和装なら色留袖や訪問着、洋装なら明るい色目のアンサンブルスーツにしましょう。

結婚式およばれ

結婚式にもいろんなお役目があり、そのお役目ごとにマナーがあります。新郎新婦をお祝いすることが第一ですが、失礼にならないよう、場所や規模などの事前の情報収集がおすすめです。

お母様 留袖
マザーズドレス
いわゆる「黒留袖」が一般的ですが、最近のカジュアルなパーティ形式の結婚式ではお母様も留袖ではなくドレスで出席されるケースも増えています。
留袖にするかドレスにするかをご両家で揃えることをおすすめします。
お母様の留袖は、上品で格のあるものをお選びください。可愛い赤やピンクの花柄のものよりはゴールド系ではっきりした模様のものがおすすめです。必ず扇子(末広)をご用意ください。
ドレスの場合は、黒のロングドレスが正装ですが、結婚式の時間(昼間か夜か)や、会場(ホテルやガーデンかなど)で適したドレスが違ってきますので、スタッフにご相談ください。
いずれにせよ、主催者側となりますので、ゲストの方よりも「格」の高い装いを心がけましょう。
お父様 モーニング
黒紋付
モーニングはもともと昼間の正礼装ですが、日本では昼・夜に関わらずお父様の正装として一般的になっています。黒の上着に縞のズボン、縞のネクタイが基本です。
黒の紋付羽織は和装の正礼装ですので、ゲストハウスなどの洋風な会場でも着用できます。レンタル衣装の場合でも貼り紋といって、ご自分の家紋を貼り付けることができます。
お祖母様・おば様・
既婚の姉妹
留袖
色留袖
基本的に親族の既婚女性の正礼装は「黒留袖」です。ただ、披露宴の規模や会場によっては色留袖でも問題ないでしょう。お若い方にも似合う華やかな柄の黒留袖もたくさんあります。
未婚の姉妹・従姉妹 中振袖
訪問着
独身女性の正礼装である中振袖がおすすめです。振袖はちょっと・・と思われる方には明るい色目の訪問着が良いでしょう。着物はドレスよりも華やかなので、着てくれるだけでも喜んでもらえますよ。
親族男性 礼服
(シングル・ダブル)
親族の男性は黒の礼服に白ネクタイが一般的です。
主賓・来賓・上司 男性 モーニング
タキシード、
礼服
主賓はモーニング、来賓や上司といった立場が上の方はディレクターズスーツやタキシードなど礼服よりも格の高い服装が望ましいです。
主賓・来賓・上司 女性 色留袖
訪問着
ミセスフォーマル
落ち着いた色柄の色留袖や訪問着がおすすめです。(黒留袖は正礼装ですが、親族以外は着れません)付下げや小紋になると格が下がります。ドレスの場合は披露宴の規模や会場にもよりますが、地味になりすぎないように華やかめのものを選びましょう。
同僚・友人 男性 礼服
スーツ
黒の礼服が礼装なので一般的ですが、黒ばかりになってしまうので、若い方は礼服よりもダークスーツにカラーシャツやネクタイ、チーフなどをプラスしたオシャレな服装をおすすめします。ただし、新郎よりも目立つ服装は避けましょう。
同僚・友人 女性 中振袖
訪問着
付下げ
おしゃれ着物
フォーマルドレス
披露宴に華をそえる女性友人の装いは花嫁の期待するところでもあります。未婚の方は振袖が着れますが、成人式の時のような派手な色柄は避けた方が無難です。訪問着や付下げもいいですが、お友だちならおしゃれ着物もおすすめですよ。ドレスを着る場合は挙式の時には肌の露出を控えるためにボレロやショールなどを用意しましょう。また、ファーなどの毛皮類はNGですし、つま先が出るタイプやヒールのない靴も基本的にはNGですが、最近ではアバウトになってきていますので、結婚式のスタイルによって判断しましょう。
子供 チャイルドフォーマル
制服
小さな子供さんがかわいいドレスやタキシードを着て出席してくれると、それだけで場が和みますよね。女の子のドレスは淡い色目の上品なドレスがおすすめですが、紺や黒のシックなワンピースもいいですね。制服は正装にあたるので中高生は制服での出席が一般的です。ただし運動靴はNGなのでエナメルや革靴を用意しましょう。

花嫁&花婿二次会

結婚式の二次会は披露宴に出席していた友人、出席できなかった友人知人も交えて、軽食とゲームでわいわいと楽しく賑やかなパーティです。40人~60人規模が多く、会費制で新郎新婦の友人代表が幹事となって場を仕切る場合が多いようです。披露宴が終わったその日に行われることが多いので、新郎新婦は着替えてから出席することになります。

花嫁 花嫁用二次会ドレス 披露宴の流れのまま参加している友人たちが多いので、ワンピースやフォーマルドレスではなく、花嫁の衣裳はやはり白いドレスがいいでしょう。動きやすい膝下丈、くるぶし丈のドレスなどデザインはさまざま。ウエディングドレスよりもカジュアルなので、小物やアイテムも自由にコーディネートを楽しめます。
花婿 花婿用二次会スーツ 花嫁のドレスに合わせて、普通のスーツよりも少しオシャレなスーツを用意しましょう。カラーシャツや柄物のチーフにするだけでもよりかっこよくなりますよ。

受章式・式典

叙勲 モーニング
色留袖
叙勲や褒章に際し、皇居での拝謁には男性はモーニング、女性は色留袖が正式です。
式典、祝賀会 訪問着
フォーマルドレス
礼服
入学式や卒業式、表彰式などでは、女性は訪問着、男性は礼服を着用するケースが多いようです。祝賀会などパーティ形式ではフォーマルドレスも着用します。

観劇・お茶会

観劇 おしゃれ着物
(付下・小紋・無地)
歌舞伎やコンサートなど少しオシャレをしてお出かけしたい時には、小紋や付下げがぴったりです。プライベートならかわいい柄の衿や足袋なども合わせられます。
お茶会 おしゃれ着物
(付下・小紋・無地)

訪問着
お茶会にお招きされた時には、訪問着や付下げ、色無地に袋帯を合わせるといいでしょう。季節の茶会なら、華美なものを避けつつ、季節を先取りした模様の小紋に名古屋帯でもいいかもしれません。

夏祭り

浴衣は着物ほど高価でなくお手入れもしやすいので、毎年一着ずつ購入する方も多いようです。
花火大会や阿波踊りなど、ワンシーズンに何度か着る機会がある時にレンタルだと便利ですね。

夏祭り 浴衣(男女) 柄や着こなしにも流行りがありますが、品質の良い浴衣はあまり着崩さずに着ると、涼しげで上品になります。浴衣だけでなく帯や巾着、下駄などのコーディネートも必要です。絆創膏や虫除けなどの用意も忘れずに。

お通夜・お葬式

急な訃報に際しては、準備をする時間もあまりありません。仮通夜では地味な平服、お通夜と葬儀はブラックフォーマルが一般的です。服だけでなく、バッグや靴も金具のついてないもので本皮ではないもの、数珠やふくさなど一式用意しておきましょう。

男性 礼服
(シングル・ダブル)
白いシャツに黒無地のネクタイ。ネクタイピンはつけません。靴も本皮は避けます。お通夜や葬儀だけでなく、法要にも着用します。お盆など暑い時期に行われる場合もありますので、夏用の礼服もあるといいでしょう。
女性 ブラックフォーマル
(和装・洋装)
和装なら黒喪服(帯や小物、草履やバッグまで一式)ですが、夏用のものもあります。黒の色が黒いほど上等なものです。
洋服ならアンサンブルになっているもので、夏用冬用の上着がセットになっているものなど、オールシーズンで使えるものを用意するといいでしょう。